温暖化と戦うブログ

なんだかんだ言葉のもがき

殺し合いと愛のすき間

アフガンやイラク、あちこちで

殺し合いが始まっている。

人は殺しあうものだという人もいる。

イギリスだって、16世紀、宗教戦争

プロテスタントカトリックが、いたるところ死体が転がるほどに

殺しあっていた。

 

そういう時代もあった。

 

だからそうなる寸前のところで、とどまるか、

いっちゃうか、  それが分かれ目。

殺し合いは、殺しているほうも、うれしくない。

いつ殺されるかも知れず、張り詰め続け、生きる喜びなど

はるかかなた。